いびきの原因その1

いびきの原因といってもその原因は多岐にわたり、人それぞれ原因は異なりますし、複数の原因が重なり合っていびきをかいている場合も多いようです。

まずは自分が何が原因でいびきをかいているのかを突き止め、その原因を取り除くことが「いびき対策」の基本です。

・肥満
肥満になると、体の外などの見える部分だけでなく、体の中にも当然、脂肪が付き、もちろん首周りや上気道の内側にも脂肪が付くので、上気道が狭くなってしまいます。
その結果、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために、のどの粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまいます。

・口呼吸
いびきの大きな原因の一つが「口呼吸」です。
実際、イビキをかく人のほとんどが口呼吸をしている、または口をあけたまま寝ているといわれるほど、いびきと口呼吸は密接な関係があります。

・仰向け(上向)で寝る
仰向けで寝ると舌がのどに落ち込みやすくなったり、口の奥の粘膜の柔らかい部分が重力で下がってしまいます。
その結果、上気道が塞がったり、狭くなってしまい、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために、のどの粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまいます。

・疲労
肉体的疲労やストレスの場合、人間の体は睡眠時により多くの酸素を取り込もうとします。
その結果、普段では鼻呼吸の人も口呼吸を伴うようになるために上気道の振動が増し、上気道の筋肉の緩みがより一層ひどくなるために、舌がのどに落ち込んでしまったりして、いびきの症状が出やすくなります。

トップ > いびきについて > いびきの原因その1